防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで10周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

【注目】最新型スタンガン新発売 S-315 S-170 S-171 S-314 S-365

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

全国防犯マップ

山形県南陽市
クマがサクランボ食い荒らす 県内で今季初、秋にかけ注意

クマがサクランボ食い荒らす 県内で今季初、秋にかけ注意

2014年5月3日

 サクランボがクマに食い荒らされる被害が26日、南陽市内で確認された。県警地域課によると、クマによる食害は今季初めて。クマの出没は初夏から秋口に増え、収穫時期を迎える農作物の被害が例年相次いでいるため、県警は注意を呼び掛けている。

 県警に今年寄せられたクマの目撃情報は25日現在で86件、足跡の発見など出没情報は20件。昨年6月末現在の件数(目撃76件、出没5件)を既に上回った。大半が今月に入ってからの情報で、さらに増加する可能性があるという。

 同課によると、クマの出没、目撃情報は例年、農作物の収穫時期となる5〜8月に増え、被害も起きている。尾花沢市では昨年、一昨年とスイカ畑の被害が多発。高畠町内の畑ではブドウやトウモロコシが食い荒らされた。

 餌となる木の実などが山に少ないと、クマは食べ物を求めて人里まで下りてくるとされる。臭いに敏感で、小屋や倉庫の中にある果物、穀物が荒らされるケースも。電気柵など対策を講じている畑もあるが、乗り越えて侵入される場合があり、農家を悩ませている。同課は「これから収穫期を迎える作物は多く、被害に注意し、対策を考えてほしい」としている。

南陽で被害

 南陽市川樋のサクランボ畑で、収穫間近の「佐藤錦」などが食い荒らされ、6本の木で枝が折られたと26日、畑を所有する同市新田の農業男性(63)が市役所を通じて南陽署に通報した。同署はクマによる被害とみている。

 同署によると、同日午前4時50分ごろ、収穫のために畑を訪れた男性が、ビニールハウスの防護ネットが破られ「佐藤錦」2本、「ナポレオン」3本、「高砂」1本の実が食い荒らされたり、枝が折られたりしているのを見つけた。被害額は約18万円。畑の中にクマのものとみられるふんが落ちていた。

 男性は「収穫しようと朝来たら、荒らされていてがっかり。生活が懸かっているのに」と憤った。男性によると、20日にも「ナポレオン」が被害に遭ったという。

 現場はサクランボやブドウの果樹畑が広がる地域で、民家からは約100メートル離れている。

危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法