防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで10周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

最新型スタンガン新発売 S-315 S-170 S-171 S-314 S-365

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

【お知らせ】GW期間(4月28日〜5月7日)は佐川急便繁忙期のため荷物の配達に最大3〜4日の遅れが生じております。予めご了承ください。

護身用スタンガン

スタンガンはなぜ安全なのか

スタンガンによる感電が安全な根拠

スタンガン

スタンガンは攻撃者に対して効果的な撃退方法であるばかりでなく、相手に怪我をさせない安全な防犯グッズであるという事は、広く認知されています。

しかし、電圧は10万V〜90万Vと、普段からは想像できない程の高電圧で相手に攻撃を加えます。人は運が悪ければ家庭用コンセントの100Vでも感電死します。

では、なぜスタンガンは安全なのでしょうか。

人体にとって問題なのは「電流」

スタンガンが安全な理由。それは、人体にダメージを与える決定的要素が「電流」だからです。電圧は電流を流すための圧力に過ぎません。人体の安全を保障するために一番大切なのは、いかにして必要以上に電流を流さないようにするかという点です。

日常よくある光景を例として挙げると、あなたが冬の乾燥した日にナイロン製の衣服を着、少し動き回った後、金属製のドアノブに触ると「パチッ」と静電気が放電します。こういった時、私達は痛いようななんとも言えない衝撃を受けます。決して心地よいものではありませんが。この時、私達が受ける電圧は実に2.5万Vを超えます。しかし、電流が微弱なため、静電気で感電死する人はいないのです。

また、ある研究機関の報告では、人体に生命の危機をもたらす可能性がある要素として、以下の内容を挙げています。

  • 周波数が60ヘルツ以上である。(1秒間に60回以上のパルス)
  • 体内に流れる電流が5mA以上である。

しかし、現在一般的なスタンガンはどれも周波数は60ヘルツに遠く及ばす、流れる電流も3mA前後になっています。従って、命にはなんら危険がないのです。

スタンガンの電源による安全性確保

これらスタンガンが安全な電流を保証できているのは、使用しているのが「アルカリ乾電池」だからです。

乾電池の低い限界容量を回路設計段階でうまく利用し、安全性を確保している訳です。

この効果を逆にとらえると、家庭用コンセントから大容量の変圧器を複数台介し、高電圧に昇圧するなどという行為は非常に危険で、人命に直接的な危険を及ぼします。

また、これはスタンガンの電源を、乾電池の代わりに高容量の物に変更する場合も同様です。

スタンガンを改造したり、純正とは違う運用や勝手な機能拡張は絶対にしないで下さい。

当店にこういった技術的相談を頂いても、回答はお断りさせて頂きます。

スタンガンに関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>スタンガン情報ページ

スタンガンに充電式電池を使用できます

護身用品は非殺傷武器です。基本的な必須知識の理解が必要です。

サイト内検索

護身用品カテゴリ

注目

マスコミ実績

フジテレビ THEベストハウス123にKSPが登場
マスコミ掲載紹介

KSPイチオシ

護身用品特集・レビュー

TMMスタンガン完全保証

通販

オススメ

関連コンテンツ