防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで10周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

【注目】最新型スタンガン新発売 S-315 S-170 S-171 S-314 S-365

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

催涙スプレー

催涙スプレー噴射タイプ
ジェットタイプ(霧状噴射)

ジェットタイプは消火器のようなイメージで催涙液を霧状かつ強力に噴射する方式です。山間部のクマや野犬など動物対策としても活躍しています。

噴射の様子と特徴

ジェットタイプは中型〜大型の催涙スプレーに採用されている方式で、短時間に大量のガスを噴射します。噴射する催涙液は霧状ですが、噴射力がパワフルで風に強く、動きの俊敏な野外動物対策にも最適です。

ジェトタイプ催涙スプレーの噴射イメージ

催涙スプレー B-610 ← 代表的なジェットタイプ大型催涙スプレー[B-610]

催涙スプレー ポリスマグナムB-610 噴射動画

B-610の噴射の様子。

壁まで距離は約5m。

噴射レバーをロックしている安全クリップを外してから噴射しています。

ファイヤーマスターというジェット噴射タイプが採用されており、催涙ガスは拡散しながらも大量かつ強力に噴射されており、射程も長く、動画でも手元に反動が伝わる様子が確認できます。

このタイプの催涙スプレーは多人数の施設保安にとどまらず山間部のクマや猛獣対策ツールとしても広く浸透しています。

スプレーの構造

催涙スプレーは圧力缶とノズルで構成されています。圧力缶には催涙成分と溶剤、そして代替フロンのような高圧ガスが封入されており、ノズル部を押す事で内容物を噴射します。

催涙スプレーには誤噴射防止のために安全ロックが用意されていますので、それぞれのロック方式に従ってロックを解除した上で噴射ボタンを押します。

噴射は缶の中が空になるまで連続して噴射可能ですが、連続での噴射は圧力缶の内部圧力を急激に低下させるため缶本体が冷たくなり、噴射力が低下する可能性があります。催涙スプレーの缶部を手の平でしっかり握っていればある程度の温度低下は防げるため、噴射力の低下を軽減できます。

大型の催涙スプレーは噴射の際に噴射による反動がありますので、噴射する時は催涙スプレー本体をしっかりと持って下さい。

使い切っていない催涙スプレーをそのまま廃棄するのは危険なのでやめてやめて下さい。

催涙スプレーはどうやって廃棄処分したらいいですか?

ジェットタイプ(霧状噴射)の長所

ジェットタイプの長所は風に強く、有効射程距離が長く、狙いやすい点です。

ジェットタイプは霧状の催涙成分を強く噴射しますので、ミストタイプに比べると風の影響を受けにくくほぼ直線に5mまで飛びます。噴射量は多く、同じ時間だけ噴射してもジェットミストの約2倍の催涙ガスを噴射します。

ジェットタイプはジェットミストタイプと比べて大量の催涙ガスを放出するため、高い撃退効果があり、複数の相手でも十分に対応可能なことから大型催涙スプレーに採用されています。

ジェットタイプ(霧状噴射)の短所

短時間に大量の催涙ガスを放出するため、多少の反動を受けます。

噴射する時は催涙スプレーをしっかり持っておく事が大切です。

ジェットタイプの催涙スプレー

催涙スプレーに関するコンテンツ