防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで10周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

【注目】最新型スタンガン新発売 S-315 S-170 S-171 S-314 S-365

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

全国防犯マップ

富山県富山市
山田でクマ、男性かまれる 県内今年初の人身被害、県が出没警報

山田でクマ、男性かまれる 県内今年初の人身被害、県が出没警報

2015年5月28日

27日午後2時ごろ、富山市山田高清水の山中で、山菜採りをしていた県内の男性(57)がツキノワグマに襲われた。県自然保護課によると、男性は左腕を7針縫うけがで、命に別条はない。県内でのクマによる人身被害は今年初めてで、県はクマ出没警報を発令し注意を呼び掛けている。

県によると、男性は同行者と2人で山に入り、標高約1000メートル地点で山菜を採っていた。クマの巣穴があることに気付かずに近づいたとみられ、突然現れたクマに左肘をかまれた。男性は自力で下山し、同行者の車で南砺市民病院を受診した。同行者にけがはなかった。クマは体長1・2メートルの成獣で、そのまま逃げたという。

病院から連絡を受けた南砺市から県に連絡が入り、発生が分かった。県は「奥山はクマの生息地であることを認識し、被害に遭わないよう十分な対策を取ってほしい」とし、足跡などを見つけた場合は引き返すことや、入山時はヘルメットを着用しクマ撃退スプレーを携行するなどの対策を呼び掛けている。

県によると、ことしに入ってのクマの目撃・痕跡情報は27日現在29件で、うち今月は14件。昨年は1〜5月末で33件だった。県内では昨年7、11月に各1件のクマによる人身被害が発生している。

危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法